広島大学ヨット部~ヨット・セーリング情報サイトwww.huyc.net~ - 広大ヨット部の情報はもちろん、ヨットの基礎知識やリンク集も充実!


2017年12月13日(水) 08:47 JST

記事を友だちにメール 印刷用ページ

第67代挨拶 渉外 楢﨑

こんにちは、第67代では渉外を務めます、楢﨑彩賀です。

今年の幹部学年は6人で、この挨拶リレーも最後になりました。

渉外、主に遠征先でのホテルの予約だったり、トラックを手配したり、、、外部の方と関わることの多い仕事です。
過去3年間、OBさん方や運営や大会で出会った数々の人と交流していたらこの仕事の担当が回ってきました。

チーフの二人も述べたように、今年は両クラスに於いて大きくレベルアップしなければなりません。
そのために全員で行くのももちろんですが、個人でもレースに出向いて行く予定です。
遠征回数が増えるため、(九大さんの言葉を借りますが、)レースメンバーの体重を減らさない、サポートメンバーのメンタルをすり減らさない、そんな遠征になるようにしていこうと思っています。

あと私はメディア委員会に入っているんですが、このホームページを初め、Twitter、Facebookもガンガン更新していきます。

2年の全日本470のときに(当時の主将から半ば押しつけられる形で)Facebook更新を担当し、それからなんとなく日々の練習も更新していたら楽しくなってきた今日この頃です。いいねやコメントが来るのが嬉しくてたまらないです…笑。
前主将が広大ヨット部のファンを増やせと言っていて、この1年いろいろな記事をアップしてアピールしてきました。200人ぐらいだったページフォロワーを50人近く増やしたのは最大の功績だと思っています。
今年もさらにファンを増やしていくために頑張ります。プランは立てているので実行するのみ!

それぞれのSNSの特長を生かした更新をしていくので、お好きなものを見てください。というか、全部見てください。Twitter、Facebookも登録せずとも見れるのでぜひリンクから飛んでみてください。

ついに最高学年になってしまった感しかないですが、月日はあっという間に過ぎていきます。

やることいっぱい!やれることいっぱい!そんな1年間を駆け抜けていきたいと思います。

話してきた全OBの言う、4年間やりきったら見える景色、どんなものか分からないですが、絶景になるようにしれっと頑張っていきます。

このページに辿り着いた皆さま、どうぞ今年も、今からでも、応援よろしくお願いします。

記事を友だちにメール 印刷用ページ

第67代経理挨拶

こんばんは。第67代経理、スナイプチーフを務めさせていただきます、北川可奈子です。

目標や変革した内容については既に述べられているため、スナイプチームについて書かせて頂こうと思います。

私が入学してからスナイプチームは中国インカレを一位で通過し、全日本の場で戦ってきました。
去年は荒れた蒲郡の海を救助艇からサポートし、今年からようやくレースメンバーとして出場しました。しかし、数少ないレースでありながら実力を発揮することができず、目標の10位には届きませんでした。
また、第66代のスナイプレースメンバーのスキッパーは全員4年生でした。今は引退されているため、残ったメンバーで切磋琢磨して去年よりも力をつけていかなければなりません。
正直、今のままでは中国インカレも危ないと感じています。ですが、ここで諦めたくありません。
チームで強くなるにはどうすればいいのかを、練習の内容から陸の動きまで全員で考えていけるようにチーフとしてできることは全て行動しようと考えています。

恥ずかしながら私は3年間ほとんどクルーとして船に乗っていました。11月からスキッパーを練習していますが、明らかに力不足だと感じています。
力をつけていくために今の現役が各々勉強して練習するのはもちろんのことですが、さらなるレベルアップのためにOBさん、OGさん、ヨット部を気にかけてくださる皆様の力を例年以上に借りることになると思います。
お忙しいとは思いますが、何卒ご協力のほどよろしくお願いいたします。

長くなりましたが、まだ経理について言及していないことに気づきました。
先程OBさん、OGさん、ヨット部を気にかけてくださる皆様の力を借りると言いましたが、観音で船に乗らずとも私達を支えてくださっている方が沢山いらっしゃいます。他大学さんとお話をしていて一番驚かれたことがOBさん、OGさんからの支援金です。改めていつも応援してくださりありがとうございます。
部を円滑に運営していくためにもお金の管理は重要な役割です。必要な出費か不必要な出費かをよく考えていこうと思います。

最後になりますが、一年生の頃から密かに自分で心に唱えていた「二兎も三兎も得る」という言葉を胸にして、全てのことに貪欲に取り組みたいと思います。
至らぬ点も多々あると思いますが、今後ともよろしくお願いします。
記事を友だちにメール 印刷用ページ

第67代チーフマネージャー挨拶

こんばんは。
第67代チーフマネージャーを務めさせていただきます、久保友理恵です。

主将挨拶にもありましたが、この度第67代の目標はインカレ総合10位になりました。
部員は総勢26名、四年生の方々が引退されても艇庫のベットはほぼ満席状態で、私が1年生だった時と比べるとずいぶんと規模が大きくなったなぁと感じています。
人数が増え、日頃の練習でもたくさん艇数が出せるようになり、ますますマネージャーとしてチャッカー運営を頑張らねばと責任を感じています。
現在マネージャーは各学年1人しかいないという少し寂しい状況ですが、最高学年として後輩をしっかりリードし、目標達成の為に選手とも一丸となって、この1年間精進しようと思います。
練習運営や陸でのサポートが今までより効率的なになるよう、常に考えることを忘れずに取り組みたいです。
至らぬ点もあるかもしれませんが、今後ともご声援のほどよろしくお願い致します。
記事を友だちにメール 印刷用ページ

第67代副将挨拶

おつかれさまです。
第67代副将をつとめさせていただきます櫻田葵香です。
更新が遅くなってしまい申し訳ありません。
副将に加えて、470チーフ、学連、中国学連委員長も務めさせていただきます。

目標のことや67第で変革したことは前の2人が述べているとおりですので、私は470チームについて書かせていただきます。

続けてインカレ出場を逃していた2年前を思い返せば、少しずつ470チームの実力も上がってきているのだと思います。しかし、今回のインカレでも目標には届かず改めて全国との実力の差を痛感しているのも事実です。
今までとは何かを変えなくてはいけません。チーフとしてそのサポートができればと考えています。
個人的なことすが、今年の夏から持病の腰痛の悪化によりヨットに乗ることのできない期間が続いており、先のインカレにも選手として携わることができずチームに大変迷惑をかけてしまいました。
競技に復活するために最大限の努力を、復活できずともチームのために最大限の努力を、これが今のモットーです。

3年間私が大切にしてきたことの1つにOBOGの方々との関わり合い方です。
他大学の話を聞いても私達がどれほど恵まれているか分かります。支えてくださるOBOGの方々に感謝の気持ちを伝えるのは成績だけではありません、日頃のお付き合いの仕方でも伝えることができると考えています。
このような3年間で培ってきたことを後輩に伝えていくこともこの1年間しっかりやっていきたいと思います。

長くなってしまいました。そしてまとまりもなくなってしまいました。

ヨットと離れる1年後を想像するだけでとても悲しい気持ちになりますが、最後の1年間悔いの残らぬようにやりきります。
至らないことも多々あるかと存じますが、ご指導のほど何卒よろしくお願いいたします。


記事を友だちにメール 印刷用ページ

第67代女子部主将挨拶

お疲れ様です。第67代幹部挨拶を続けさせていただきます。
第67代体育会女子ヨット部主将と主務を務めさせていただきます、
黒塚ひとみと申します。これからよろしくお願いいたします。

主将挨拶にもありましたが、今年度は「全日本インカレ総合10位」という目標を部員みんなでかかげ、
これを達成するために様々な試みを行なっています。
私からはその取り組みについて、この場で少し詳しく紹介させていただきます。

1番大きな変革は、委員会制度。
私たちは天気委員会、筋トレ委員会、メデイア委員会、座学委員会、美化・風紀委員会、メンタルトレーニング委員会という6つの委員会を新たに結成しました。
これは、部員全員がこの6つの委員会のいずれかに所属し、各自の考えや持ち味を発揮し、部の力になってもらおうというものです。これを機に海上で、陸上で何が出来るかを 一人ひとりが考えて主体的に行動出来る部活動団体を目指していきます。

これから私たちは 大きいものから小さいものまで、たくさんの新しい取り組みを実践していく予定です。
ホームページやSNSでも随時お伝えいたしますが、全ては伝えきれないかもしれません。
これを読んでくださったOBさん、OGさん、そして広島大学ヨット部を気にかけて下さっている方々、
ぜひ直接アドバイスを頂けると光栄です。

海上練習、陸上生活共に より一層力を入れて 励みたいと思います。
今後ともご声援よろしくお願いいたします。
記事を友だちにメール 印刷用ページ

第67代主将挨拶

遅ればせながらのご挨拶になりましたことをお許しください。本年度広島大学体育会ヨット部の第67代主将を務めさせていただきます笹口和己と申します。
これからよろしくお願い致します。

第67代では代目標として
”全日本インカレ総合10位”
という目標を掲げました。

第66代では各クラス総合10位を目標とし、クラス各々で目標を達成するために、強豪私立出身の方をコーチとして招いたり、チームの雰囲気の変革に挑戦したりと試行錯誤を重ねて参りました。しかし、結果としては目標とは程遠い結果に終わり、部員一同悔しさの残るシーズンとなりました。

第67代では、昨年度以上にチーム一丸となってインカレ総合10位に向かって参ります。そのためにまず昨年課題に上がった個々の意識の差を埋めるために今年度は委員会というものを設立し、個々の意識レベルの底上げを図って行きたいと思います。

また、まずは自分自身をより厳しくチームのためになる陸上での動き、効率の良い海上練習になるよう取り組み、掲げた目標を達成できるようチームを牽引していきたいと思います。

チーム全員で必ず”インカレ総合10位”をやり遂げるという強い意志を持って1日1日を大切に努力して参ります。

至らぬ点も多いとは思いますが、ご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

主将 笹口和己
記事を友だちにメール 印刷用ページ

12/3

こんにちは!2年の加藤です。

今日はハーバーの大掃除でした。

なんと大掃除では出てきたアンカーやロープなど、そしてセールまで頂きました。皆さまありがうございます!

記事を友だちにメール 印刷用ページ

コーチ会議

こんにちは!3年の楢崎です。

今日の午前中は今年1年の方針を聞いて頂く、コーチ会議を行いました。
新幹部は平成27年度入学生です。目標や1年間の練習スケジュール、新しい取り組みである委員会制度などを説明し、アドバイスを頂きました。

しっかり準備して臨んだ結果、お褒め頂くこともありましたが、詰めの甘さを指摘されたところもありました。
改善できるところは改善して頑張ります。

今回お越し頂いた、土屋監督、盛谷コーチ、田口さん、宮崎さん、佐藤さん、ありがとうございました。
記事を友だちにメール 印刷用ページ

12/2の練習

こんにちは!! 平成29年度入学で470の柳旺志です。 今日は午前中はコーチ会議があり、午後に出艇して主に1年生の動作練習を行いました。 午前中のコーチ会議のあいだ、1年生は外で陸練をしていました。470の4人は、スピンアップ、スピンダウン、ジャイブを中心に動作の確認と練習をしました。同じことでも何度も繰り返すうちに動きに慣れてくると体がより効率的に動くようになってくるので、ひたすら繰り返して体に動きを染みつかせるのを心がけてやりました。 午後の海上での動作練習では、陸練でやった事の確認をしたり、それに対する先輩のアドバイスを受けたりしました。出着艇とサークリングは1年生がスキッパーとなってやり、動作練習は1年生はクルーとしてやりました。サークリングでは、初めてのスキッパーとしてのサークリングだったので、次から次へとやることが出てきて、またその一つ一つを考えながらやらなければならないので、頭がパンクしそうになり、とても大変でした。こういったことも体が自然と動くぐらいまで陸練とイメトレをしっかりしなければならないと思いました。動作練習は自分はクローズではタック時のロールのタイミングをつかむこと、ランニングではスピンを潰さずにジャイブをすることを目標にやりました。ロールのタイミングについては今回の練習でもあまり掴めなかったので、次回の練習もそれを掴めるように意識しながら練習したいです。スピンを潰さずにジャイブをすることについては、だんだん成功率が上がってきたので、次回以降もっと成功率を挙げられるように頑張っていきたいです。 最近たくさん乗せてもらえるようになってきたのでその分、1回1回の練習を無駄にしないように自分の練習をしっかりと振り返り、上達していきたいです。 今日は土屋監督、OBの宮崎さん、鳥大OBの細田さん、平成24年度入学の池田さん、平成25年度入学の高木さんに来ていただきました。

 

記事を友だちにメール 印刷用ページ

11/19の練習


こんにちは、3年生の楢﨑彩賀です。
最近めっぽう寒くなり、風邪気味の部員が増えてきました。手洗いうがいをまじめにするかと思い立った今日この頃です。

さて、18日は新幹部の3年生が全学一斉TOEIC試験であったため、全体練習はオフとし、19日が代交代してから初の海上練習日となりました。

猛烈な低気圧のため全国的に寒く風が強い予報でした。広島ももれなく平均7m/s、MAX12m/sの西~北風が吹いたため470が3艇、スナイプが1艇と艇数をしぼっての練習としました。

振れる西~北風に翻弄されて沈を繰り返す艇もありましたが、強風経験の少ない下級生クルーにとっては刺激的な1日になったのではと思います。
陸練では軽々とこなせるようになってきた気がしてても、いざスピードのある不安定な船の上となると苦戦してる姿がちらほらと見えました。

陸でも知識を増やしどんどん成長していってほしいです。

私自身、特訓や!と言われ乗り続けた1、2年生、レースメンバーやから!と言われ乗り続けた3年生でした。
20cm高く20kg重いクルーがいっぱいいるのに…と内心泣きながら乗っていた時代を懐かしみながら、強風つくねを楽しみました。
つくねから練習を見てパンピング練習したくてたまらなくなる時が来るなんて、1年生の時には思わなかったです。

お互いかつてのペアとのクセが抜けずうまくいかないことも多かったですが、コミュニケーションをしっかり取って、この冬はさらに基本に磨きをかけて頑張っていきたいと思いました。

スナイプチームにはH26入学の西田さんが来てくださいました、ありがとうございました。

それでは失礼します。
最初 | 前へ | 1 234567| 次へ | 最後