広島大学ヨット部~ヨット・セーリング情報サイトwww.huyc.net~ - 広大ヨット部の情報はもちろん、ヨットの基礎知識やリンク集も充実!


2017年10月23日(月) 22:28 JST

記事を友だちにメール 印刷用ページ

ブログリレー3人目

平良大樹です。福岡県北九州市の照曜館高校出身です。インターアクト部に所属していました。部内の雰囲気が良かった事が入部の決め手です。趣味は靴磨きです。ヨットの基礎を大切にしたいです。頑張ります。
記事を友だちにメール 印刷用ページ

6月8日 船積み

記事を友だちにメール 印刷用ページ

船積み

こんばんは!2年スナイプクルーの川口です。

今日は中四国インカレへ向けてレース艇の整備と船積みをしました。
計測に向けてマストのバンド間距離を調整するためにリベットをやすりで削ったり、船積みではバーゼルがラックにうまくはまらないことがあったりと色々大変なこともありました。
とりあえずは明日牛窓まで船が無事届き、計測をしっかりすべての船が通ってほしいばかりです(>_<)

牛窓まで船をお願いします!!
記事を友だちにメール 印刷用ページ

ブログリレー2人目

工学部四類の安食柾志です。
出身は島根県出雲市にある大社高校です。
部活はしてませんでした。
ヨット部に入った理由は先輩方の雰囲気とヨットが楽しそうだったからです。
趣味はマンガを読むことです。
今年の抱負は寝坊しないこととヨットに乗るうえでの必要な知識を身に着けることです。
記事を友だちにメール 印刷用ページ

ブログリレー1人目

工学部4類の三宅正人です!
出身は北海道別海町です。
北海道滝川高校北海道では陸上部で長距離を走ってました。
ヨット部に入った理由:先輩方の雰囲気がよく充実した大学生活がおくれると思ったからと今しかできない経験がしたかったからです。
趣味、特技:中学卒業まで続けたスピードスケートで北海道民だけどスキーはできません。
今年の抱負:ヨットに乗るための基礎を基礎身につけることです。
記事を友だちにメール 印刷用ページ

6月5日

はじめまして!!今年からヨット部に入らせていただきました経済学部1年の北村優丞です。
岐阜県南部の各務原市から来ました。
高校時代は山岳部に所属していました。
試乗会などで先輩方から親切にしていただいて、またヨットに乗らせていただいてこの部活に入ろうと決意しました。
まだ入ったばかりで未熟ではありますが、先輩方からできる限り多くのことを学び成長したいと考えておりますのでよろしくお願いします。

今日は、座学で出着艇と沈起しを学びました。
どちらも、もしもの時に命を守るための大切なものでした。
ヨットは海のスポーツであり多くの危険が潜んでいるので今日学んだことを大切にして怪我のないように活動していきたいです。
これからも、毎日座学で学んだことを大切にし、精進していきたいと思います。
記事を友だちにメール 印刷用ページ

6月3日

遅れてすみません、初めまして、理学部物理学科1年生の張です
純中国人ですが、18年間日本に住んでいて出身は愛知県愛知高校です
高校時代は柔道をやっていたので今は主にヨット部員の皆様を危険から護っています

山本さんや盛谷さん、監督に来ていただき色々な話を聞かせてもらいました
夜は先輩達が艤装と陸練を教えてくれました
これからは陸で基礎を何度も反復して海に出たときに使えるようにしていきます
また、これから先輩やOBさん達にどんどん質問して自分のものにしてみます!!
記事を友だちにメール 印刷用ページ

6月4日

初めまして、1年の伊藤さくらです。
文学部に所属していて、出身は愛媛県八幡浜高校です。
高校では弓道をしていました。
ヨットはまだわからないことだらけでですが、先輩たちの動きをよく見て、少しでもうまくなれるように頑張りたいです!

今日も昨日と同様、山本さんに来ていただきました。ありがとうございました。
海上ではマークランとコース練習をしました。
先輩たちのヨットを近くで見ることができて、いい勉強になりました。
自分がヨットに乗るときには、今日学んだことを生かしたいです!
記事を友だちにメール 印刷用ページ

5月29日 座学

はじめまして!1年の村尾朋晃です。
経済学部に所属しています。
香川県の高松第一高校から来ました。
高校では硬式テニスをしていました。
試乗会でヨットを体験し、もっとヨットを知りたいと思い入部しました!
ヨットは覚えることがたくさんありますが見たこと教わったことをスポンジのようにどんどん吸収して先輩方のような格好いいセーラーになりたいです!

今日は座学でチャッカーの”しぶき”や”つくね”の使い方を学びました。
エンジンのかけ方、出着艇の仕方やアンカーの降ろし方などなど覚えることが盛りだくさんでした!
事故防止のために行う、出艇前の確認作業は特に大切だと感じました。
何のためにそうするのかを考えて教わったことを早く身につけて、1人前に仕事をこなせるように頑張ります!
記事を友だちにメール 印刷用ページ

セイル広島2日目

こんにちは!お久しぶりです。 3年470スキッパーの笹口です。

今年のセイル広島は去年一昨年とは違い、2日間通して安定した南風が入り、全7レースを行うことができました。 絶好のセーリング日和のなか、レースができたことを嬉しく思います。

さて、今回のレースは、チームとしては関西春季新人戦、広島県春季大会続いて3回目のレースでした。 今回は岡山大学、鳥取大学が来てくれていたので、2週間後のインカレ個人戦予選の前哨戦になるのと思われるので各々とても気合の入ったレースだったと思います。

僕自身は2日間レースでは2日目のレースでは全く船が走らない「2日目のジンクス」がありました。 例えば印象に残っているのは1年生の時の中国インカレや2年生の時のインカレ個人戦予選などですが、実は今までのレース2日目でいつも大きく順位を落としていました。しかし今回は1ポイント順位を落としたものの今までの2日間レースの中では一番手応えを感じた2日目で総合5位で終わることができて安堵しています。
しかし、それぞれの動作やフリーでの波乗り技術など九州大学や愛媛県セーリング連盟の大嶋さんとの走り負けを感じました。それに関しては、色々と大嶋さんにご指導いただいたのでこれから実践してもっとボートスピードを出せるようになっていきたいと感じました。

そして、招待選手の平田選手と招待コーチの中村公俊コーチによる講習会では、レースの講評と質疑応答があり、僕にはないような質問の答えや技術など知ることができました。とても充実した時間になりました。そして僕が特に印象に残っているのは平田選手の「基本に忠実に」ということです。コース取りでもセーリングでも色々な質問に答える際、とても強調しておっしゃられていました。僕たち自身も基本的なことは分かってはいるが、トップセーラーの人とはそこに対する意識の集中力の違い、またそういう人たちはオートマチックに基本ができている。そうなるためには日々の練習で意識し続けなければならないことを学びました。これからの練習ではそういうことをさらに強く意識して技術向上していけたらと思います。

今回のレースはとても良い練習となりました。この2日間で得たものを生かして、再来週の予選では1艇でも多く本戦に出られるようにあと2週間頑張っていきたいです。

また2日目に高知大学さんからもお土産いただきました。ありがとうございました。