引退挨拶 川原

2017年11月12日(日) 21:56 JST

投稿者: huycmember


こんにちは、第66代副将の川原です。

まず初めに、これまで支援・応援・ご指導していただいた方々、本当にありがとうございました。おかげさまで、4年間ヨット部で部活動をすることができました。色々な事がありましたがヨット部を通して様々な人と出会い、多くの事を学び、貴重な経験をさせて頂きました。このような経験をさせて頂いたことに、本当に感謝しています。ありがとうございました。

僕個人のこの代(実は2回生くらいから)での目標はOB・OGの方々をはじめ、広島大学ヨット部に関わっていただいたみなさんに喜んでもらえる、よくやったとほめてもらえるような結果を残すことでした。ですが、結果という形でしっかり恩返しをすることができず申し訳ない気持ちでいっぱいです。結果が全てではないと言ってくださる方もいますが、普段の僕たちの活動を見られていない方々に喜んでもらうには結果以外に無いと思っています。去年両クラスが全日に出場したのにも関わらず、今年は去年を超える結果を出すことすらできなかったことは本当に申し訳ありませんでした。

本当に言いたいことは上記したことなんですが、ここからは僕自身が思ったこと、感じた事を書かさせてもらいます。

僕が最高学年で変えたいと思っていたこと
・ヨット部を体育会の部活にする
・一人一人が考えるようにする
この2点を考えていました。
ですが、終えてみて両方ともできませんでした。二つ目の事について、実際に人の気持ちや行動を変えるのは難しいことなんだなと思いました。これは今までの個人それぞれの考え方が形成されてて今から他人がどうこうできることでない事を実感しました。ただ、一つ目に関しては今からでも変えられると感じました。今のヨット部は正直、部活と呼べるものでは無いと僕自身感じています。できれば次の代で部活動に代わってほしい気持ちでいっぱいです。あと、次の代にとても言いたいことは、勝つためにヨットをやる事が自分たちの義務であるということを忘れないでほしいです。

色々な事が4年間ありましたが、後悔はなく引退できました。結果としてはよくなかったですが、部活として自分の経験になったので満足です。

どれだけの人が読んでくださるのかわかりませんが、この文章が誰かのためになれたのなら幸いです。

長くなりましたが、
読んでくださった方はありがとうございます。

重ね重ねではありますが、応援・支援・ご指導してくださった方々本当にありがとうございました。また、これからも広島大学ヨット部をよろしくお願い致します。

第66代 広島大学体育会ヨット部
副将 川原顕吾

コメント (0件)


広島大学ヨット部~ヨット・セーリング情報サイトwww.huyc.net~ - 広大ヨット部の情報はもちろん、ヨットの基礎知識やリンク集も充実!
http://www.huyc.net/article.php/20171112215658964