広島大学ヨット部~ヨット・セーリング情報サイトwww.huyc.net~ - 広大ヨット部の情報はもちろん、ヨットの基礎知識やリンク集も充実!


2017年11月18日(土) 12:07 JST

引退挨拶 高須

こんにちは。
4年の高須です。
他大学の4年生のホームページ更新もなかなか見ている僕ですが、いよいよ自分の最後のホームページ更新となってしまいました。
あまり頻繁に更新をしてはいなかったのですが……笑

最後の全日本インカレが終わりました。
感覚としては大会の4日間は一瞬ですぎていきました。
成績としましては元川が書いているとおりです。
大会前からたくさんの方から応援の声をいただき、今年こそは結果で返すことが出来ればよかったのですが、ご期待に沿えず申し訳ありません。

この部活に入り、今年は最上級生になり、4年間を振り返ると様々なことがありました。
最初の2年間はインカレ予選を突破することが出来ず、スナイプチームのサポートとして小戸と江の島に行き、総合で戦うことも出来ませんでした。支援艇から同期が出ているのを見ているのみでした。
今その負けの時代を知っているのは現3年生と僕らだけです。
その時代を忘れず、伝え、次の代は活動してほしいと思います。
負けを知っているということは大事なことだと思います。
3年生になり、ほぼほぼ結果としては当時の470チーフに連れて行ってもらう形で蒲郡インカレに出場しました。4日間風が吹き、頭を怪我し縫ったり散々でしたが、次の年につなぐため、また当時乗っていた4年生クルーのために精一杯走ったのはいい思い出です。
そして4年生となり、正直しんどいことが多かったです。
チームをまとめるためには結果を出すのが何よりも重要ですが、この代の特に470チームは中国インカレまで結果という結果を残すことが出来ませんでした。
なんとかインカレ予選を突破し、全日本でも結果を残せたらよかったのですが、足を引っ張る形となってしまいました。すみません。

最初は何となく入った部活も、今では当たり前のように部活中心の生活となり、今週末は何の整備をしようなどと平日に考えることももうありません。
日々のスケジュールは部活で埋められていましたがもうそのようなこともありません。12月のカレンダーはびっくりするほど真っ白です。

つらつらと4年間のあったことを記してしまいましたが、最後の締めの言葉を何にしようかと考えると、他大学の4年生も同じようなことを書いていました。
定型文のようになってしまいますが、思うことは同じなのでしょう。

この4年間ヨットというインカレスポーツを部活として活動してこられてきたのは様々な方のおかげです。
たくさんのご支援、ご指導をしていただいたOBさん方、遠征先にまで差し入れを持ってきてくださる部員の保護者の方々、周りに大学がいない中でわざわざ広島に来てくださった外部コーチの方々、たくさんの愚痴を聞いてくれた同期や特に現3年生、たくさんお世話になりました。
土屋監督もおっしゃられてましたが、人生経験です。
この4年間をこれからの人生で生かしていきたいと思います。
本当にお世話になりました。ありがとうございました。

広島大学体育会ヨット部 66代経理
高須 貫太

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://www.huyc.net/trackback.php/20171110145304963

この記事にはトラックバック・コメントがありません。
引退挨拶 高須 | 0 コメント | アカウントの登録
以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。