広島大学ヨット部~ヨット・セーリング情報サイトwww.huyc.net~ - 広大ヨット部の情報はもちろん、ヨットの基礎知識やリンク集も充実!


2017年9月26日(火) 14:30 JST

全日本インカレを終えて

こんばんは。主将の村上です。

船降ろしを終え今朝6時に西条に帰ってきてから爆睡してしまい報告が遅くなりました。 昨日は予定通り2レースが行われ、計11レースをもって全日本インカレが終了しました。

以下最終成績です。

470級 1613点 17/23位

スナイプ級 1406点 14/23位

総合 3018点 13/13位

目標としていた総合10位まではあと510点届かず、悔しい気持ちが残っています。

OB・OGの皆様には、普段の広島での練習におけるご指導をはじめ、多額のインカレ援助金、また大会期間中の大勢の方々の応援、沢山の差し入れなど、本当にお世話になりました。また浅井様を中心とした中部しぶき会の方々には支援艇としてクルーザーを準備していただくなど、現地での活動を支えていただきました。 全てのご支援に対してこの場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。 そして皆様のご期待に沿えずすみませんでした。

強風シリーズとなった今大会を振り返ってみると、大会初日からスナイプのマストが曲がったり470のスピンが破れたり、一時は海上で艇体放棄をしてレスキューされたりと、蒲郡の洗礼を浴びることになりました。しかし広島から持ってきていたゴムボートや他大学のレスキュー艇のおかげで無事全員ハーバーバックすることができたのは本当に良かったと思います。自然の脅威を感じた一日目でした、。 2日目も風は良く吹き4レースを消化、少しずつ強風にも慣れてきたかなと思える一日でした。3日目は4日間の中では一番風が弱く、スナイプの一番艇がシングルを取るなど、やっと広大らしさを出せた一日でした。最終日は再び強風が吹き荒れましたが、またもスナイプ1番艇が4位を取るなど、大会期間中の成長を感じることもできました。

慣れない強風に悪戦苦闘した結果となり、悔しさが残る人もいれば実力を発揮できたと思える人もいると思いますが、チームとして本当にいい経験ができた4日間だったと思います。レースメンバーはもちろんのこと、予備メンバーや陸待ちの1年生・マネージャーも含めて、部員36人全員で戦い抜けたことを僕は誇りに思います。

第65代はこれで終わり、4年生は引退します。大学から始めたヨットを通して4年間でお世話になった方々に感謝してもしきれません。しんどいことも多々ありましたが、4年間続けたことで人間として大きく成長できたと思います。広大ヨット部に入って本当によかったです。

第66代は人数も多く、実力的にもとても期待しています。今年の経験を生かしてチーム全員がもっともっと強くなり、来年も全日本の舞台で今年以上の成績を目指して頑張ってほしいと思います。

最後にもう一度、今年一年広大ヨット部を応援してくださり、支えてくださった皆様に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

                                             第65代 主将 村上亮太

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://www.huyc.net/trackback.php/20161107172615280

この記事にはトラックバック・コメントがありません。
全日本インカレを終えて | 0 コメント | アカウントの登録
以下のコメントは、その投稿者が所有するものでサイト管理者はコメントに関する責任を負いません。